Loading

ISMS情報セキュリティ基本方針

ISMS情報セキュリティ基本方針
適用範囲 データセンター業務における・ハウジングサービスとその運用・監視

システムサービスセンター基本宣言

当社は、中電グループ唯一のIT企業として、その役割を確実に担うことで、社会に「安心と豊かさ」を提供しています。

当センターは、当社がお客さまに提供する開発から運用までのトータルソリューションにおいて、運用業務を主体としてその一翼を担うことを使命としています。

当センターは、長年にわたる大規模システムの運用実績にもとづくノウハウとスキルによる安定的な運用技術を保持するとともに、堅牢な建物構造、高信頼性の電源・空調設備、及び建物・運用・機能を総合的に考慮したセキュリティ対策を実施し、365日24時間の運転・監視体制を備えています。

また、お客さまから「真の信頼を勝ち取る」ためには、単に受託業務を正しく行うだけでなく、お預かりする情報資産の機密性、完全性、可用性を確実に維持する必要があります。

このため、当センターは、平成16年3月26日に取得した「情報セキュリティマネジメントシステム」をより確実に実施するとともに、更なる高度化を目指し所員全員で取り組んでいきます。

情報セキュリティ基本方針

  1. 規程・細則・マニュアル類に遵守し行動すること。
  2. 教育や自己啓発によりセキュリティ意識を高めること。
  3. 情報セキュリティの状況を確実に把握し、必要な改善を行いつつ、維持向上すること。
  4. 日常業務にて、セキュリティの脅威・弱点を発見した場合は、直ちに上長へ報告し、セキュリティ強化策を実施すること。
  5. 万が一、セキュリティ事故が発生した場合には、直ちに事故拡大を防ぐとともに、事後処理に最善をつくすこと。

平成15年11月20日 制定
平成28年7月28日 改定
株式会社 中電シーティーアイ
電力システム事業部
システムサービスセンター 所長 野口 一彦

ページトップへ